しつけトレーニング理念

Homeしつけトレーニング理念

思い

犬の世界で「基本の理屈」を確立したいという野望のようなものを持っています。

その歩みを、まだ会ったことのない方にも届けたいな、とブログやSNSを使って毎日発信しています。

有益な情報がこんなにもたくさん、すぐ手に取れるようになっていますが、咬む犬吠える犬、トレーニングすればするほど悪化している状況がなくならないですよね?

それってどうしてかな?と・・・不思議に思いませんか?

私はずっと不思議に思い仕事しているわけですが、ようやくわかったその理由が、商売の邪魔にもなりかねない、そんな混沌とした犬の世界があるわけです。

犬は非常に優秀な動物で、辛抱強い動物なので、ある程度成長するとうまく人に合わせてくれるものです。だからそういう犬と暮らしていると、初めて犬を迎えてやり過ぎて関係が悪化している様子が理解できなかったりします。

神経質にやり過ぎるからよ。

もっと厳しくしないからでは?

しつけやトレーニングなんていらないのよ。

色々な飼い主の「考え」が困っている人をさらに追い詰めることがあります。

まあ、困っているのは犬も同じなのですが・・・。

基本ってあると思うのです。

それやったらダメ、という基本。こうしなくてはダメという基本。

方法はそれぞれでも良いというけれど、どうでしょう?実際基本がそれぞれではないでしょうか、ね?

それが関係を悪化させることにつながっている、と考えてます。

何がダメなのか、何が良いのか。毎日になるか不定期になるか、言わずにはいられなくなると登場するのか、情報だけを置いて行くか・・・。私は社会化のドッグトレーナーブログの使い方はどうなるか分かりませんが、関係を悪化してほしくないな、という気持ちを込めて綴って行きたいなと思います。

犬の世界は今、過渡期だと思います。変革の時。ただ、
昔は良かった、
おやつを使ったってどうせおやつがある時しか言うことを聞かないのでしょう?
という「意識」がとても根深いので、そうではないよ、ということを発信していかなければならないと思い、自分自身のライフワークにしています。

犬と飼い主の間のボタンの掛け違い。最初のボタンホールの選択が間違っているからではないかしら?
犬は人を支配しようとは思っていません。
人の上に立つことが犬の喜びではありません。
犬は好きな人と一緒にいたくて好きな人のために何かできないか必死で
たくさんの辛抱をするし、無償の愛を与えてくれる動物だと思います。

最初のボタンホールは上記の犬を示してくれていますか?犬は危険な動物だと、繰り返し洗脳するかのような映像や事故の伝達に始終していないでしょうか?
一緒に学びませんか?とことん、大好きなあなたの「犬」を学んでみましょう。

お問い合わせ